「ポケモンGO」関連の注意喚起でふと思ったこと

| コメント(0)


先行記事でも触れている通り、日本でもそろそろ「ポケモンGO」の展開が始まるに当たり、先行して実働している諸外国で起きている色々なトラブルに絡み、日本でも注意しましょうね的な話が出ている。で、その中で「外で遊ぶのは危険だから」云々ってのがあって、ちょいと違和感を覚えたのだけど、大よそ代弁してくれる話があったので覚え書き。

以前も何度か触れているけれど、塾通いの子供が増えたり、外での遊び場に色々と制限が加わったり、危ないから外遊びは控えなさい的な話が出たりしていくうちに、昔と比べると外遊びをする子供は確かに減っている感はある。無論子供の数が少なくなってるってのもあるし、ゲーム機やスマホの浸透によって外で遊ぶ必然性が低下したってのも要因だろうけど。だからこそ、保育園での子供の声が余計に際立って目立つようになったとか考えると、色々と連動するものがあるなあ、とか。

で。特に子供においては、外で遊ぶという行動は、昔も今も危険と隣り合わせだったことに違いは無い。事故・事件の公的データでもその辺りの話は実証されているし、昔の子供達の様相を示した物語や漫画などでも、その類の事故は結構よく描写される。昨今の子供達の遊びには多分に「うち遊び」が多く、外遊びでも特定の安全な箇所に留まっているのが少なくない。だからこそ安全度が高い、それだけの話。

もちろんそれらの事故を推奨するわけじゃないけれど。


海外で伝えられている「ポケモンGO」に係わるトラブル、事故は、それぞれの国、場所、地域による環境如何で大きくリスクが違っており、その体現化に過ぎない。極論として学校内と自宅のみで遊べば、リスクは最小限に抑えられる。外遊びはどのようなものでも、それなりにリスクはある。外部環境が違えば、その環境に従ったリスクは上乗せされる。

恐らくは「ポケモンGO」のサービス開始後、色々とバッシングがあるだろう。危険だから運用するな、とか。でもそれは、どのようなものでもそのリスク体現化が生じる可能性がある環境での出来事だろうし、解決策としては当事者への注意をうながすしかない(別にアプリが爆発してその衝撃でけがをしたってわけではないのだから)。極論だけど、自動車事故が生じたら、自動車は危険だから自動車そのものの運転禁止を求めるようなものとなってしまう。

ともあれ。昔も今も、外遊びには相応のリスクが存在する。物事に夢中になりやすい子供ならなおさら。注意喚起は昔同様に必要ではあるし、ある程度のリスク体現化は避けようがない。この辺りはあらかじめ認識しておく必要があるのだろうな。それでも、極力トラブル、事故を防ぐべく、各方面は可能な限りの手を打つ必要はあるのだろうけど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月22日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「ポケモンGO」の国の注意喚起をいらすとやさんでシンプルにしたら超分かりやすくなった件について」です。

次の記事は「「粛清」という言葉の本当の意味とイメージと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31