レゴによる大型液晶テレビの創り方

| コメント(0)


先日掲載した、投票所とかソファーと並んで作った、レゴの液晶テレビ。もちろん本当に画像が映るわけでは無く、あくまでも「それっぽい感じだよね」ってものではあるのだけど、いくつか問い合わせがあったので、自分の覚え書きも兼ねて作り方を。......っても大したものではないのだけど。


実際に家電店のテレビ売り場で液晶テレビが並んでいるところを見た限りでは、個々の番組が映っている状況を再現するのは逆に違和感があるので、電源が落ちている状態の方が良いだろう、その時の色は黒になるよね......ということで液晶パネル部分は黒。情景を作った時には「本来はここに何らかの番組が映っているんだよ」という暗黙の了解的な感じ。まぁ、パネル部分は差し換えが可能なので、何かをプリントしたものと入れ替えても良いのだけど、中途半端にするとかえって違和感。

背面部分は最小限の創りなので、正直安定性に欠けている。いくつかパーツを足して、2本の足をしっかりと固定する部分を追加した方が良いかもしれない。

見返してみると、改めて大きなテレビだなという気はする。50型はゆうにあるだろう。まぁ、ゴージャス感極まりないって情景としては、むしろ良いのかもしない。機会があれば外部スピーカーなども添えたいところだね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 8日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「カップ焼きそばにかば焼きのたれ味なるものが登場」です。

次の記事は「マクドナルドの2016年5月分業績発表。もりもり盛り返しているように見えるけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30