元手がかからず利益が上がる二択の的中話

| コメント(0)


一歩踏みとどまって考え直せば容易に理解はできるはずなのだけど、色々と切羽詰まっていたり思い悩んでいると、その判断力がどこかへ吹き飛んでしまう。あるいは相手の肩書や語りの美味さにだまされてしまう。そんなちょっとしたトリック話の一つ。

今件のお話は1/2の確率で当たる事案に対し、本当は何にも関与していないにも関わらず、自分の力でやり遂せたように語り、報酬をゲットしようというもの。外れても全額お返ししますとすれば、購入した人は「損はしなかった」と思う次第。

実のところ厳密には男の子の方が出生率は高くなるので、その辺りの微調整が必要になる。まぁ、その時には「この方法は少々特殊で云々」とすれば良い。


馬券などでもよくあるパターン。ギャンブル系は押し並べて同じような手法が使える金。

ちょっとパターンは異なるけれど、選挙における票田買いも似たようなものかもしれない。閉じた場所での選挙ならともかく、公的な選挙ならば誰が投票したのかまでは分からない。まぁ、母数が少数だとバレる可能性はゼロじゃないけれど。

美味い話には大よそ人の心理を悪用したワナがある。見方を変えれば「美味い話」と思ったその時点で、自分自身がワナにはまっている可能性がある。心当たりがあれば、一歩引いて全体像を見直してみよう。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月16日 06:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フリーライダーは増えたのか、露呈が顕著化してきただけなのか」です。

次の記事は「大手銀行が「ワンタイムパスワードを使わないと振り込み出来ないよ」と言い始めているよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31