アボガドチリバーガーやソーセージ増量などモスの大攻勢開始

| コメント(0)
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役会長兼社長:櫻田 厚、本社:東京都品川区)では、2016年5月24日(火)までに順次、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)で定番商品である『ホットドッグ』『チリドッグ』『スパイシーチリドッグ』のホットドッグ3種類をリニューアル販売します。


ホットドッグ商品は1987年に初めて登場し、天然羊腸を使用した粗挽きソーセージのパリッとした食感とジューシーな肉の旨みが特徴で、発売から約30年ご好評をいただいています。今回のリニューアルでは、ソーセージの重量を約25%増やし、より食べ応えのある商品に仕上げました。

また、『チリドッグ』『スパイシーチリドッグ』『チリディップソース』に使用しているホットチリソースは、豆類や牛ミンチ肉などからコクと旨みを引き出し、8種類のスパイスで辛さに奥行きを与え、味の深みが増した新しいソースに変更します。

※今回のリニューアルによる価格の変更はありません。


マクドナルドの月次営業報告を見る限りではここ数か月は1割以上の売り上げ増を示しているけれど、これはご承知の通り前年同月が例の異物混入などで大きく売り上げを下げていたため、その反動でしかなく。実態はかなり厳しい。

他方モスはあまり伝えられていないけれど、業績は堅調。牛丼チェーン店業界における松屋的ポジションと表現するのは雑かもしれないけれど、地道に我が道を歩んでいる感じ。今回同時に発表された新作やリニューアルは、まさにモスらしいラインアップ。

ソーセージの25%増量、価格変わらずってのは正直驚いた。この類のリニューアルってこっそり10円単位で値上げが成されるはずなのだけどね。これまで愛食していた人には、とびきりのビッグニュースってわけだ。ソーセージもビッグだし。

 モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役会長兼社長:櫻田 厚、本社:東京都品川区)では、2016年5月24日(火)~2016年7月中旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、女性を中心に人気の高いアボカドと、特製のホットチリソースを使用した『アボカドチリバーガー』(450円)と、『アボカドチリドッグ』(390円)を期間限定で発売します。同時に発売する「アボカドチリ」の派生商品は全14種類となります。

こちらも同日5月24日から展開開始のアボガド系バーガー、そしておしゃれなマンゴー系のスイーツ陣。量はともかく見た目が非常におしゃれなんだよね。アボガドはマックでも採用していた素材ではあるのだけど、オシャレ感が随分と上。

牛丼チェーン店が模索中の高品質系への流れを先行している感じで、「モスならでは」というブランドの構築に成功した雰囲気を覚えさせる。いいよね、ホント。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月26日 06:51に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「食玩「あの頃の田舎暮らし」と時代の流れ」です。

次の記事は「ガリガリ君の新作はライチとキウイ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31