昔の求人誌とかフリーペーパーとかライトビジネス誌とかをサルベージしてみた

| コメント(0)


年末などにまとめての大掃除はどうやっても一日二日では終わらないし気力も持たないので、週末に少しずつ年ベースで掃除をしていこうと決めてから早くも5か月。全然掃除が進まないのは何でだろうと思いつつも、それでもなお少しずつ御片付け中。先週末のお掃除で発掘したもののうち、公開可能で面白そうなのを写真に収めてみた。

まずはTDKのなんらかのキャンペーンで当選したマグカップ。何かほっとするアイディアを募集し、当選するともらえるものらしいんだけど、実際に何を応募したのかまったく覚えていない。いいのかそれで。


鉄道ジャーナルの2010年2月号。鉄道模型のカタログなどは何冊かあるんだけど、なぜか鉄道そのものの専門紙が1冊だけ。付せんも貼っておらずこれも何故残しておいたのかが不明だけど、中身を見るにどうやら鉄道貨物関連の特集で調べものをしようとして、そのままとなってしまったらしい。


色々あって雑誌が二つに分岐してしまったという、レアな存在の雑誌のうちの一つ、コミックゼノンのオマケ。当時話題に登った傾奇パンツ。格好良さげではあるのだけど、雑誌の付録にパンツをつけるという点が突っ込みどころという感じ。


数年前から今世紀初頭ぐらいまでに遡る形でのフリーペーパーやライト系ビジネス誌や求人誌。求人誌は表紙が気に入ったり特集記事が保存に値すると思って本棚に放り込み、そのままになっていたっぽい。当時の相場を知る意味では貴重な資料になりそう。またフリーペーパーやライト系ビジネス誌は当時の状況を色々と推し量ることができ、にやりとしてしまう。ネットブックとか、確かにそんなものがありました。


以前に何度か触れた「デジタルデータってなかなか無くならないけど、油断するとすぐに喪失するよね。紙とは別の方向性で」ってのが良くわかる実例。PC-Magazineの連載の記事でブログを「ブロッグ」と翻訳していた記事とか、今でもどこかで見たことがあるような人のビジネス話とか。紙は随分と黄ばんでいるけれど、ちゃんと読むことができる。いずれもネット上には元データはすでになし。いや、探せばあるかもしれないけど、かなり困難。


御仕事先か自前で用意した、iモードの主要端末の画像表示仕様一覧。特に秘密的なものではなく、公開情報を集約したものだろうけど、今ではそもそもiモードってナニ?的なレベルなので、骨董品以上の価値は無い。

これらの素材も版権上問題が無いものは、逐次デジタルデータ化すべきだなとは考えている。まずは掃除を一通り終えてからになるけどね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月18日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Facebookに実装されていた「災害時情報センター」におどろき」です。

次の記事は「正規品、純正品とあるけれど、中身はどうやらバルクや模造品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31