ヤマザキのオレオは期限ぎりぎりまで新作が出るよ

| コメント(0)
ヤマザキ・ナビスコ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長・飯島茂彰)はこのたび、いつでもどこでも気軽に楽しめるビッツサンドシリーズから「オレオビッツサンド 抹茶」を発売いたします。


・ひとくちサイズのオレオクッキーで風味豊かな抹茶クリームをサンドしました。
・宇治抹茶100%使用の抹茶クリームに練乳パウダーを加え、ほろ苦さとミルク感をしっかりと楽しめる味わいに仕上げました。


先日お伝えしたように、契約上の問題からヤマザキ・ナビスコからのオレオの発売は今年8月で終了。9月からは版元の日本法人からの発売となるため、それ以降の日本国内でのオレオはこれまでのオレオとちょっぴり変わってしまうかもしれない。

こんな状況なのでヤマザキ・ナビスコからはオレオの新作は出ないのかなあと思っていたら、いつものペースで新作登場。しかもここぞとばかりに(?!)日本風の抹茶味が登場。うむ、ほろ苦甘しってのは結構良い味わいかもしれない。3月14日からの発売。

ヤマザキ・ナビスコ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長・飯島茂彰)はこのたび、世界NO.1クッキー"オレオ"の新フレーバー「オレオ 抹茶クリーム」を発売いたします。


・抹茶クリームは"抹茶ミルク"をイメージし、こだわりの宇治抹茶に練乳パウダーを加えてまろやかに仕上げました。
・ほろ苦いオレオとミルキーな抹茶クリームがマッチした、大人から子供まで楽しんでいただける"ビター&スイート"なおいしさです。


こちらはノーマルタイプのオレオの抹茶味。味の組合せはやはり同じく抹茶とミルク。中堅層以降にも受けが良いかも。こちらは3月7日からの発売。

指摘されて気が付いたのだけど、契約のことを考えるとこれらの商品って、実質的な商品寿命が半年ぐらいしかないんだよね。9月以降の新生オレオでも似たような商品開発がなされる保証はないし、第一ヤマザキ・ナビスコのオレオはもう発売されないことになる。今のうちに思いっきり堪能しておいた方がよいのかも。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月25日 06:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「私達記者は正義。がんばる。」よろしい、それでは君らジャーナリストの正義は 一体どこの誰が保障してくれるのだね?」です。

次の記事は「モスの新作はクリームチーズテリヤキバーガー、コーヒーお代わりの100円サービスも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31