PASH!が月刊化以降初の10万部突破との報...「おそ松さん」特需はマジだねこれは

| コメント(0)
赤塚不二夫原作によるテレビアニメ「おそ松さん」の特集が、2月10日発売のPASH!3月号(主婦と生活社)にて組まれる。


2016年1月号から2号連続での重版と完売を受け、今号では10万部を超える部数を用意。「ありが特大ホームラン号」と題され、「おそ松さん」が表紙と巻頭に登場する。


なぜここまでブームとなったのか明確な理由は特定しがたいけれど、偶然と様々な必然的要素の融合がここまで成果を見出すのは稀有的な事例に違いない、おそ松さんブーム。多分に、普段はあまりスポットライトが当てられていない女性陣へも多分に受け入れられる要素があったのだろうな、的なところはあるのだけど。

今回伝えられた「PASH!」といえば、かつては「進撃の巨人」で特需効果を受けて大いに部数を盛り上げ、その次の「妖怪ウォッチ」では乗ることはかなわず部数は失速、その後ようやく安定化......と思ったら再びビッグウェーブに乗った感。月刊化以来過去最高の部数云々とか、2016年1月号以降はすべて完売・重版とか、一体何が始まるんです? 的な感じ。そろそろ2015年第4四半期のデータが出るころだけど、それまでの最新データを確認すると(【ゲーム・エンタメ系雑誌部数動向】)、「進撃の巨人」特需の時にも部数は4万部強が上限だったんだよね。それが10万部とはねえ......。今後数四半期は、印刷証明部数の記事執筆も、ちょっとだけ楽しいことになりそうだ。


こんな感じで特需を生み出す素材が、それこそ半年ぐらいのペースで連発するようになれば、雑誌業界ももう少し元気になるのだけどな。ただ、一作品の特需では、やはり対応できる雑誌は限られてしまう。複数ジャンルがベストだけど、制作側にそれを生み出すだけの土壌が残っていない感じなのがちょっと危うい。余力があるうちに土壌を新たに作るなり、育て直す気概が生まれてくると良いのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月 7日 06:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「猫がこっそりとこちらを見る雰囲気が出過ぎているふせんが登場」です。

次の記事は「ミライトという釣り道具がフィギュア撮影に使えるらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31