ニホンザルで人文字ならぬ猿文字を作ったという話

| コメント(0)
兵庫県の淡路島モンキーセンター(兵庫県洲本市畑田組)にいる野生のニホンザルたちが30日、新年の干支・申にちなみ、「サル」の猿文字を作った。


センター長の延原利和さん(61)が地面に餌のムギを「サル」の字の形にまくと、約200匹が集まり、肩を寄せ合って両手で無心に食べ始め、約3分間、猿文字がくっきりと浮かび上がった。


最初はこの画像そのものと否定的なツッコミのみがツイッター上で流れて来たので、昔のネタか、あるいは合成画像かなあ......という感も多分に。それぐらいに良くできているし、ちょっと出来過ぎなクオリティ。「エサ」というカタかなをエサそのもので描いて、それを鳥についばんでもらう情景は何度か見たけれど。

で、一応調べてみたら読売新聞の記事にも登っていたし、淡路島モンキーセンターも実在する。さらにその【ニュース項目を確認したら】

元旦、2日、3日の3日間 午前12より13時の間に 一度だけ「サル文字」を披露いたします(当日のサルの数で字の大きさや成功率が違ってきます)


なお、駐車場は、約40台分になりますので、満車になる可能性もございます


とあるので、記事の話はどうやら予行演習的に行われたらしい。


記事とリンクする動画を観ると係りの人がきれいに、サルの文字を描くようにエサを蒔いているのが分かる。


本番の様子をとらえた映像もあった。こちらの方が分かりやすいかな。ちょっと高度が低いのが難点だけど。しかしよくできたもんだよなあ、これ。

......来年の干支は酉だから、ニワトリで......ってのは難しいだろうな(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月 3日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ノートが大きな方眼紙になる「方眼NOTE」という存在、そしてマッチングの大切さ」です。

次の記事は「マイナンバーの配達で日本郵便が超絶大変な状態にあるのが分かるリリース」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31