郵政三社銘柄が異様に強かった理由が何となくわかった気がする調査結果

| コメント(0)
スパークス・アセット・マネジメント株式会社(http://www.sparx.co.jp/)(東京都品川区。代表取締役社長 阿部修平)は、今年1年の日本株式市場を総括し、また、来年以降の見通しについて探るため、2015年11月9日~11月10日の2日間、全国の20~79歳の投資経験者(日本株式、外国株式、公社債、投資信託、REIT、金・プラチナなどの金融資産への投資経験がある人)を対象に、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査2015」をインターネットリサーチにより実施し、1,000名の有効サンプルを集計しました。なお本レポートは、サンプル調査という性質上、実態を全て反映したものではありません。また、特定の投資商品や個別銘柄の取引を勧誘する目的で作成したものではありません。

先日公開された個人投資家の投資性向に関する調査結果。ざっと読みした上で、ちょっと気になった点を一つ紹介。個人投資家が中長期的に保有したい銘柄、今後そうしたい銘柄を尋ねた部分なんだけど、直近ではトヨタ自動車やイオン、みずほ、ソニー、第一生命、NTT、カゴメなどが上位に入っている。個々の銘柄の株価や市場情勢、為替、業界動向で色々と動きは生じるけれど、トヨタが鉄板だったり消費財のメジャーどころが上位にくる辺りは、本家サイトで毎月掲載している、野村の投資家サーベイとほぼ一致していて興味深い。

もっと興味深いのは次の項目。今後どのような銘柄を上記同様に中長期保有の候補としたいか。


郵政三社が異常に強いのだよね。それこそ日本郵政はトヨタ以上の人気ぶり。これはどうしたことだろう。やはり長きに渡って使ってきた、そして非常に身近にある郵便事業の銘柄だから、安心感というか知名度の高さがあり、保有し続けていたいってのがあるんだろうな。ある意味、究極のインフラであり、それこそ水道とか日銀と同じ雰囲気なのかもしれない。

郵政三社があれだけ大規模なIPOだったにも関わらず、かなり堅調な値動きを示しているのも理解ができる気がする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年12月11日 06:13に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コイケヤのポテトチップスにみかん味が......」です。

次の記事は「往年の名作、コーエーの「三國志II」がツクール化して大登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30