エビデンスを求められる機会が増えたので創ってみた

| コメント(0)


最近よく耳にするようになった「エビデンス」という言葉。英語でevidenceと書き、証拠や根拠、形跡、裏付けとなるものを意味する。概して専門的、学術的なものの語りの中で、エビデンスが求められるとか、エビデンスが無いものは対象とならないって感じで使われる。例の「ありまぁす」細胞とか、放射線周りの話とか、がんをはじめとしたスットコドッコイな医療系の話のような、脳内妄想的なものと事実との境界線があいまいな主張が増えて来たのに合わせ、出てくるようになった感はある。

で、請求書の類にもこのエビデンス、要はその請求額に関する裏付けとなるものが求められるようになったとの話。要はふっかけるな、詳細を明記しろとのことらしい。ってことで、描きましたとのことだけど......節子、それエビデンスやない、エビダンスや。

いやぁ、確かにそんなことをふっ、と思ったこともあったってのは否定しないけど、それが体現化されると頭を下げざるを得ない。エビデンスからエビダンス。うん、大体あってる。


海老でんぶとか海老全部とか、さらには海老団子とか(もう別物)、ヒゲダンスとか(いつの話だ)、色々とおバカな話は頭にかけ巡るけれど、あまりやりすぎると本当にエビデンスの言い回しを使う時に間違ってエビダンスとか書きかねないから、ほどほどにしておこう。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年11月 8日 08:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「災害などの緊急時に袋入りのインスタント食も有益になるかもしれないステキナイスな発想」です。

次の記事は「働きボーンをさらに調達してしまった」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31