フレンチクルーラー カスタード&ホイップ(ローソン) 試食

| コメント(0)
↑ NEWマークでフレンチクルーラー カスタード&ホイップ
↑ NEWマークでフレンチクルーラー カスタード&ホイップ


某雑誌を調達したローソンで、見慣れぬ天井ならぬドーナツを確認。「NEW」とのマークがあるのでまたもや新しい種類を開発したのかな、と思い尋ねたところ、本日から販売開始とのこと。良い機会でもあるので、早速一つ調達。

↑ フレンチクルーラー カスタード&ホイップ
↑ フレンチクルーラー カスタード&ホイップ


帰宅して調べたところ、ローソンのドーナツ公式ページでもNEWマーク付きで記載が。【説明にいわく】、「専門店で人気のフレンチクルーラーに滑らかなカスタードとキレの良いホイップをサンドしたドーナツです」とのこと。......ああ、専門店。ミセスドーナツとかいう感じの名前のところの、ね(ニヤリ)。

それはともかく。早速試食。直径は約90ミリ、熱量は460Kcal。アレルギー成分表記は卵・乳・小麦・大豆。価格は税込130円。生地そのものはやんわりとした食感で、外側より内部の方がより柔らかい。中にはたっぷりのカスタードクリームとホイップが大よそ1対1の割合。思ったよりも甘さがやわらかでくどくなく、チョコ掛けの部分と共に口にした時の相性もかち合うことなく、すこぶる良い。なるほどこれが「キレの良い」ってことね。クリームたっぷりのシュークリームのちょっと生地を足した版みたいな感じがする。

公式ページには説明が無いけれど、秋と冬限定発売とのこと。やはりクリーム部分の保存性を考えると、春以降は色々と難しいんだろうな。

総合評価としては、個人的には十分以上の及第点。「専門店の」同様のドーナツと比べると、やや生地のしっとり感が足りない感じはするけれど、それが良いという人も多分にいるはず。そしてクリーム部分の甘さはむしろこちらの方がいい雰囲気。気になる人は一度お試しあれ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年10月 6日 18:45に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ゴルゴ13に麻生大臣みたいな人物が登場している件で麻生氏自身が感想を述べた議事録が公開」です。

次の記事は「すき家が早くも今年の鍋定食の展開を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31