民放が広告モデルで無料配信する動画サービス「TVer」をはじめるとのこと

| コメント(0)
在京民放5社(日本テレビ放送網株式会社、株式会社テレビ朝日、株式会社TBSテレビ、株式会社テレビ東京、株式会社フジテレビジョン)は、テレビ番組を広告付で無料動画配信するキャッチアップサービス「TVer(ティーバー)」を、10月26日(月)にスタートすることを決定いたしました。


「TVer」では、ドラマを見たいと思ったユーザーが簡単にドラマを探すことができたり、好きなタレントの番組をセレクトして視聴できたりと、在京民放5社だからできるサービスをできる限り簡単に楽しんでいただきたいと考えています。

また、全局連携テレビ情報アプリ「ハミテレ」に掲載されている情報も「TVer」で提供致しますので、単に番組を配信で楽しむだけでなく、番組関連の話題もチェックすることができる総合テレビサイトになります。

サービス開始当初は、各局10コンテンツ程度、合わせて50~60コンテンツの配信を行う予定です。現時点で配信する予定の主なコンテンツは下記の通りです。


サービスのネーミングセンスとはともかくとして。配信コンテンツの解説部分では「各社放送中のドラマやバラエティ(各社10番組/週程度)」「放送終了後から次回放送まで(基本1週間程度)」とあるので、要は週一ドラマに関して、直近放送前の予習的な情報提供や、1回見逃してしまった人に対するフォロー的な役割を持たせたいらしい。ライブラリ化して最新放送分以外はすべて過去データとして閲覧できるとか、いつでも取得可能な別媒体での展開が成されていない部分だけすぐに視聴できるとか(電子コミック系に多い)のような類では無い。

まぁ、勝手にYouTubeなどにドラマ映像を挙げられてしまう状況に関して、その大義名分は「見逃してしまったら再放送まで見られないから」ってのがあるので、「ならば本家側がそのサポートするからその大義名分も消えるよね」ということを考えている部分もあるのかも。

便利であるのには違いないのだけど、ならば初回放送から直近放送分まではライブラリとして残しておいて、ブルーレイ化などをした時点で第一回のみ残し、後は消してしまうとい形にしてもいいような気はするのだけどね。

新しいことをやっているつもりでも、古い考えに基づいた、余計な欲が見え隠れしていて、なんだかなあ、という気がしてならない。まぁ、やる気があるのなら、色々と考えて、手を加えていくのだろうけどね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年9月29日 06:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ファミマの唐揚げ弁当が刷新したとの話」です。

次の記事は「新宿地下通路に巨大なねこ様が出現したとの目撃情報。鼻を押すとなんと......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31