報道される世の中のいざこざはほんの一握り

| コメント(0)


間接的に示唆している事案そのものはまだ不明な点も多く捜査中であることも合わせ、言及は避けるとして。少し前の「少年犯罪が凶悪化し増加している」『統計的に見て、実数値でも比率でも減ってます』「え?」的な話と構造は同じで、人の記憶や報じられ方、印象への残り方で多い少ないの実態がぼやけた形で記憶に残っているだけに過ぎない。

印象や感情は大切だけれど、それだけに振り回されて、感情論にひた走って暴走的な行為をしたり、やらなくてもよいことをやってかえって色々とあちこちにリソースの消費を強要したり、要らぬ追加被害をもたらしたり、新たな被害を生み出したら、身もふたもない。

人は感情の生き物だから、感情論は仕方がないとする意見もある。それも一理あるけれど、感情論だからというオールマイティカードを振りかざし始めたら、何でもアリになってしまう。人の記憶は往々にして曖昧で、その曖昧さに感情論で拍車をかけたら、ハンドルの無い自動車を運転するようなもの。

悲劇は悲劇として認識し、その悲劇の対象となる直接的な要因を取り除く手立ては講じる必要があるけれど、ちょっとした煽動や印象に振り回されて、被害者の立場にある人たちを叩くような風潮が、今件事案でちょっと見られるので、それへの警鐘も含めて。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月23日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「暴れん坊将軍」で有名な話「江戸壊滅の危機!すい星激突の恐怖」が近々再放送されるようだ」です。

次の記事は「社会の決まりに縛られない環境は、社会に守ってもらえない状態でもある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31