走査線フィルムを使うと動き出すステキな同人誌がコミケで売っていたそうな

| コメント(0)


色々検索したけれど現時点ではサークル名も分からなければ他に購入した人の話も分からず、精査が出来ないのが残念な話ではあるのだけど、コミケへのあこがれ感と底力を覚えさせられた一品。見た目はモノクロのブラウン管テレビみたいな感じで、色調も用いているフォントもまさに1970年台前後の雰囲気。

動画やアニメGIFが無いので動きの様は分からないのだけど、昔(今でもあるのかな?)の絵本や児童向け雑誌の付録でよく使われているような、目の錯覚などを用いてモノが動いているような仕組みを再現しているらしい。論理そのものは簡単だし、似たようなトリック系のギミックは動画共有サイトでも時折見かけることができるけど、それを同人誌で作り上げてしまうとは......。話によるとモスバーガーの子供向けセット「ワイワイセット」のおもちゃに、この仕組みと同じようなものを使ったおもちゃがあるとかないとか。

このような「おもしろギミック」的な同人誌、思いっきり部数がはけるような、話題に登って大騒ぎされるようなことはないかもしれないけれど、大切にしたいものだよね。なんか伝統工芸っぽくっていいなぁ、これ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年8月18日 06:22に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「この発想はステキング・ハンバーガーの小物入れ」です。

次の記事は「お店で床に寝そべりながら「買って買って」と駄々をこねる子供が成長する瞬間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30