医療や家事が低く見られる理由と「絵を描くのって簡単だよね」の話

| コメント(0)


労働需給や賃金周りで精査していることもあわせ、介護職も含めた福祉関係は、必要不可欠な業態にも関わらず、世間一般からはあまり高い評価を得られていないって現状をよく見聞きする。賃金が低いままで抑えられているのも、多分に「誰でもできるものになぜここまで高い賃金を?」という想いが根底にあるのかもしれない。

そのあたりのもやもやをスパッと体現化してくれたのがこの指摘。ああ、普段からやっていることの延長だから、誰にでもできる、だから特別でないので対価はさほど必要が無い、という認識をされてしまうのか。

自分でもやってる、すぐできるように見える、そんなに難しいものじゃないっぽい、だから評価しない。なるほどな。見方を変えれば、実情を知らずに印象だけで判断していることになる。


ネットの普及や公開の場が多く設けられたことで、誰もが作品を気軽に提示できるようになったのは良いことだけど、同時に指摘のように「誰でもできるっぽいから高い評価は要らない」という方向にも走りやすい。でも実際にはそんなことはなく、さらに仮に同じような技術を有していたしても、それを成し得るための時間や労力を考えると、やはり高い評価を与えてお金で調達した方が良いことになる。以前言及した「お金ってなんだろう? さまざまな価値の集約だよね」に行き付く。

文章書きの点でも、似たような話をされた経験があるので、これは良くわかる。単なる文章のトレース的な打ち込みと同じ感覚で「ちゃっちゃっと打ってしまえばいいから、すぐにできるでょ?」という感じ。もちろんテキスト起こし自身も結構大変な話で、労力だけでなく技術を必要とするのだけど、それと文章の創作を同じように考える人がいた。

また、情報の集約と整理と推論についても、リソースを大量にぶちこんで定期的にまとめ上げ、その上で色々と話を進めていたら「こんなことで対価を求めるの?」と逆切れされた経験も二度ほどある。「ただ調べただけじゃん」。この言い回しは恐らく一生忘れない。

ともあれ。自分が普段からしていることの延長上に見えても、それを他人がやっている以上、相応のリソースが投入され、そこには技術や経験が活かされている。簡単そうに見えても、本当に簡単であることは滅多にないし、たとえ本当に簡単であったとしても、それを継続的に行うのにはやはり相応の努力が求められる。さらにいずれにしてもリソースが消費されている。

正当な労働には正当な評価と報酬。それに目をつぶっていると、結局自分自身にマイナスの影響が及ぶことになる。今件の福祉関係や創作系以外でも、例えばインフラ周りが良い例だよね。

まぁ半ば意図的に評価をしない方が、安く買いたたけて良いだろうという思惑も中にはあるんだろうけど......

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年4月17日 07:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソンのドーナツ本格参入の話、動画があった」です。

次の記事は「「プロパガンダは信者に向けたお経」との説になるほど感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31