衝撃の事実判明、本人がどこにもいないお菓子のパッケージ

| コメント(0)


油で揚げた小粒の餅菓子としては一番メジャーどころで、子供から大人まで気軽に楽しめる「餅太郎」。小さく刻んだ形なので、のどに詰まることもないし、食べる人を選ばないのがステキ。しかも量が適量なので、ちょっとだけ楽しみたいって時にもぴったり。大本の販売メーカーは「菓道」というところなのだけど、なぜか今に至るまでウェブサイトはなかったりする。

で、その餅太郎。コンビニなどでも気軽に見つけられるのだけど、先日【美味し懐かしだがデカし・あの懐かしの駄菓子がでっかいサイズでファミマから発売】で紹介したように、ファミマのプライベートブランド「FamilyMart collection」から、大袋タイプのものが登場している。それを購入した林家志弦先生の指摘曰く、イラストに餅太郎がいないとのこと。確かに。これは大本のミニサイズ餅太郎でも同じ。

まぁ、杵で餅をついていること、背景には商品の餅太郎が山ほどうなっているので、彼らが作ったものがこの商品だよということを表していて、登場しているキャラクタは桃太郎と餅太郎をかけたので、桃太郎に登場する動物たちなのでは無いカナ、と。


いや、確かにそう表現できないことはないんだけど、なんだか色々と「あなたの知らない世界」的な感が。それに「メキシカンマフィア」とか一度言われたら、もうそれにしか見えなくなってしまった。どうしよう。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2015年2月15日 08:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「YouTubeって10周年迎えてたんだ!? 」です。

次の記事は「ファミマの「コンビニタクシー待合所」計画、行政も絡めばいいのに、的な」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30