原油安とロシア、キューバ・アメリカの関係改善のつながり

| コメント(0)


OPECとアメリカのシェールガスとの間で原油価格下落のガチンコ勝負をしていたら、原油を売って外貨を稼いでいるロシアが頭を抱えているという状況は、すでに何度かお伝えした通り。原油価格の下落でバツを食らう資源輸出国は他にもあるようで(特に新興国)、それらの国の株価が下落うんぬんという話もある。

で、先日電撃的に行われたアメリカとキューバの関係改善の話。レームダックモードに突入したオバマ大統領のポイント稼ぎとの分析もあり、その要素もいくぶんはあるんだろうけど、上のような説明がなされるとなるほど感を覚えさせられるのと共に、玉突き事故的な状況だなあと思わせる。


ウクライナ情勢も日本での報道は一時期と比べれば大人しくなってはいるけれど、逆に突発的な事象が発生するリスクは高まっているような気がする。原油安でEUの経済制裁とも合わせ、ロシアが切羽詰っているのは事実だから。

しかしよもやキューバにまで影響が生じるようになるとは、ねえ......。ホント、経済で世界はつながっているんだな、と再認識させられる話ではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年12月19日 07:39に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「はじめての同人誌、さて何部刷ろうかな」という話」です。

次の記事は「自転車駐車違反の撤去やお知らせのチラシ、英語版もあった方がいいよねという話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30