無印良品にハト時計なんてのがあったんだ......

| コメント(0)

【鳩時計・ホワイト 掛・置時計】

↑ 鳩時計・ホワイト 掛・置時計
↑ 鳩時計・ホワイト 掛・置時計

↑ 鳩時計・ホワイト 掛・置時計作動中の様子


先日別件で無印をチェックしていたところ偶然見つけたのがこれ、鳩時計。もちろん鳩の形をした時計とかいうジョークでは無く、世間一般に知られている鳩時計で、一時間ごとに穴から鳩が出てきて鳴いてくれるというシロモノ。

説明にいわく、時刻の分だけ鳴いてくれる、暗い場所では鳴かない明暗センサー付き。つまり夜半、寝ていて消灯している場面では鳴かないという次第。大きさは93×106×200ミリ。結構ミニサイズ。利用電池は単三1本、価格は5250円...ってあれ? 消費税率が8%になってもこの価格か。

見た目は無印らしく、非常にシンプル。まさに無印の商品コンセプトを体現化したような、そんな一品。一時間毎に出てくる鳩の造形もこれまたシンプルで、これがかえって結構いい味わい。お部屋にちょいとしたアクセントをつけたい時とか、贈り物にはよいかもしれない。

あとはそうだな......造形がシンプルで色もほぼ白だけなので、色々と手を加えられそうだな。さすがに鳴き声までは変えられないけど、発想次第で色々とオモシロイものが出来そうな気がする。クオーツ式の時計の部分がほとんど無音なら、当方も購入してもいいかなあ、とは思うのだけど(音を結構気にするタチなのでね)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月 7日 06:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「分かりやすく目立つ言葉で釣る、煽動とセンセーショナリズムの手法」です。

次の記事は「らき☆すたのどら焼き「らき☆どら」って本当に売ってたんですな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30