Google+の「実名半強要制」停止と実名への期待、そしてその実態

| コメント(0)

【あれから3年、Google+が実名ルールを捨て、ユーザーに謝罪】

↑ 該当するルール変更公知文
↑ 該当するルール変更公知文


FacebookやLinkedIn、各社写真投稿系SNS、ツイッター、日本だとそれに加えてLINEなどのようなソーシャル系コミュニケーションサービス達と比べ、ベースの知名度の高さにも関わらず今一つ伸び悩みを見せているのがGoogle+。その伸び悩みの最大の理由が実名使用にある。Facebookも実名だけど、2年前からは「実名同様に公知利用されているならハンドルなどでもOK」と柔軟化の姿勢を見せているけど、Google+はそこまで対応していなかった。さらにYouTubeなど同社の他サービスとの連動性の強化(これも「便宜性の向上」という建前はあるけど、使う側からすれば痛し痒し的なものが)をするに至り、ますます腰が引ける状態に。

結局状況の変化を受け、先日Google+でも「実名で無くても良い」という事を公言するに至るようになったという次第。ただし厳密にいえば【Google+は実名でないとアウトなのか否か】の通り、昨年の時点で通称もOKになっていた。ただし何かツッコミが入ったら、それを証明する証拠の提示が求められており、少々面倒だったことは否めない。

まぁ実名で無くても良い、ということでも、その他良識・常識的な話はこれまで通り。他人に偽装したり、不快な思いをさせるようなものはナシ。また、実名同様に色々と問題視されている、他サービスとの半ば強制的な、ある時は勝手になされてしまっている連動性については、言及は無いので今後の展開も不明。今後Google+が他の類似サービスにどこまで追いつけるのか、この名前に関するルール変更でどのような影響が生じるのか、要注目ですな。

で。

引用元の記事でも指摘されているんだけど、

人は実名では酷いコメントを書きにくくなる、というのが背景にあるアイデアだった。しかし、実際には多くの真っ当なコメンターが書くのをやめる一方で、多くの愚か者が実名(あるいは、Googleが実名だと〈思った〉名前)で同じ行動を続けた。


というのが今件のルール変更の一因としてあったようだ。この話、まったくもって偶然ではあるんだけど、数日前にこちらで下書き的に【たった一言でひっくり返せる「匿名文化が差別発言を引き起こした」という幻想】で書いた後、【「匿名文化が差別発言を引き起こした」という幻想は一言でひっくり返せる】で挙げた話とダイレクトにつながるんだよね、これが。この記事の中身は元々思っていたことに加え、先日「匿名文化が差別発言を引き起こした」的な論説が確認できたので、その反論的なニュアンスで挙げたんだけどね。偶然とは恐ろしい。

実名と名前なしでの書込み、そしてハンドルネームについてはもう少し思うところもあるのだけど、それについてはまた別の機会にまとめたいと思う。


(ソース:【ツイッター】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月17日 06:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「サーバールームはいつも低温に、空調温度管理のお話」です。

次の記事は「「ビスコ<ダブルチョコ>」「コロン<ダブルチョコ>」(セブン-イレブン)試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31