「美味しんぼ」炎上のプラス効果無し...ビックコミックスピリッツ・2014年4月-6月期の印刷実績は18.3万部・前四半期比で5000部強の減少

| コメント(0)
↑ 雑誌印刷実績変移(ビックコミックスピリッツ)(部)
↑ 雑誌印刷実績変移(ビックコミックスピリッツ)(部)


先日、日本雑誌協会が発表した2014年4月から6月期における印刷証明部数。【「ヘイポーの謝罪文レベル」なスピリッツ「編集部の見解」(まだ未確定)】などをはじめ何回かに渡ってお伝えした、例の「美味しんぼ」問題の見方の一つとして「炎上商法じゃないの?」ってのがあったんだけど、今件データを見る限り、そのような結果は出なかった。前四半期比でマイナス2.9%、前年同四半期比でマイナス10.9%。下方トレンドが加速化したようには見えないけど、持ち直したようにも見えない。

ツイートに対するレスで指摘のある通り、先日【小学館の月刊漫画誌「IKKI」、9月発売号で休刊・連載陣の今後は7月25日発売号で発表】で伝えた「IKKI」の休刊に伴う統廃合でリソースを付加して多分に底上げを狙う考えもあるようだけど、元々「IKKI」自身が部数として1万部程度でしかなく、そこからの読者がどれだけ狙えるかは未知数。しかも今件の「美味しんぼ」問題での対応は、けっしてほめられたものではなく、それを機会に離れた読者・読者予備軍も少なくないことを考えると......今後はどうなるのかしらね、と首を傾げたくなる感じ。

今件の問題を受けて部数の底上げが数字として明らかになったら、「これはステキ」とばかりに同じような事を繰り返す可能性はあったけど、実態としてそのような値は出なかった。正直なところ、それだけでも良かったと思っている。

ちなみに今件も含めた詳しい印刷部数動向の精査記事は来週以降。もうちょっと後にデータが出ると思って、油断していた(笑)。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年7月29日 06:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「石油が一ヶ月日本にこないという事態は自衛隊が海外で武力行使するほどの危機的な状況なのだろうか?」「えっ」」です。

次の記事は「ミツバチの死の謎が解けるかも? 農研機構「カメムシ防除の殺虫剤のせいかも」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30