「美味しんぼ」第604話に福島県双葉町が公式抗議

| コメント(0)

【学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について(福島県双葉町)】

↑ 小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について(福島県双葉町)
↑ 小学館発行『スピリッツ』の『美味しんぼ』(第604話)に関する抗議について(福島県双葉町)


小学館への抗議文

平成26年4月28日に貴社発行「スピリッツ」の「美味しんぼ」第604話において、前双葉町長の発言を引用する形で、福島県において原因不明の鼻血等の症状がある人が大勢いると受け止められる表現がありました。

双葉町は、福島第一原子力発電所の所在町であり、事故直後から全町避難を強いられておりますが、現在、原因不明の鼻血等の症状を町役場に訴える町民が大勢いるという事実はありません。第604話の発行により、町役場に対して、県外の人から、福島県産の農作物は買えない、福島県には住めない、福島方面への旅行は中止したいとの電話が寄せられており、復興を進める福島県全体にとって許し難い風評被害を生じさせているほか、双葉町民のみならず福島県民への差別を助長させることになると強く危惧しております。

双葉町に事前の取材が全くなく、一方的な見解のみを掲載した、今般の小学館の対応について、町として厳重に抗議します。

平成26年5月7日 福島県双葉町



......ということで色々と問題視されている、小学館発行の週刊少年誌スピリッツ掲載の、「美味しんぼ」の件の「鼻血話」。公的機関なり代議士なりの抗議が無いと、同じことが繰り返されるのではという懸念があったんだけど、先ほど福島県双葉町から正式に抗議文が発せられたとのこと。

現時点でアクセス過多のため読み込みにくい状態が続いているので、取り急ぎダウンロードしておいたファイルを基にテキストの書き起こし。

現時点でアクセス過多のため読み込みにくい状態が続いているので、取り急ぎダウンロードしておいたファイルを基にテキストの書き起こし。

この前町長も職についていた時はともかく、辞めた後に色々と問題行動を起こしていることでも有名で、例えば「2011年の3月3日に、地震津波があることを日本政府は知っていた」という発言を公の場で行っている。


個人的な観測としては、双葉町からの抗議で終わる......ということはなく、他の自治体なども続く感はある。双葉町の場合は特に、前町長が登場しちゃってるからね。

さて、どうなることやら......

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年5月 7日 19:56に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マクドナルドでもアルバイトの募集が積極展開中」です。

次の記事は「自社商品紹介用の動画に広告は止めた方が......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31