ドキドキスリルを楽しむ子供達に起きた惨劇とは

| コメント(0)


家庭用トランポリンを持つ世帯で起きた惨劇(!?)。大きな風船をトランポリンの中央部に置き、その風船にホースで水を入れていく。当然風船は水でふくらみ、トランポリンはその重みで少しずつ下に降りてくる。そのドキドキ感を楽しめるよとばかりに、父親は子供達をトランポリンの下に行くよう促す。

子供達は父親の言葉に従ってトランポリンの下に。そして少しずつ大きくなる風船のようすを実況したり、つんつんとトランポリン越しにつついてみたり......。面白そうにしていることもあり、次々と子供が新たに入ってくる。

ところが悲劇は突然訪れる。風船がふいに形を変えたかと思うと、音を立てて破裂。どうやら水の量が限界を超えたようだ。そして内部に入っていた水は、トランポリンのうすい膜を超えて一挙に下、子供達の真上を直撃。バケツをひっくり返したような、どころではない水の襲撃に、言葉通りクモを散らすかのように逃げ出す子供達。

子供達自身も多分にこの結末は予想していたんだろうけど、ここまで勢いのある水が流れてくるとは思わなかったんだろうね。


(ソース:【Most Watched Today】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2014年4月13日 06:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ネットに関する学習、やっぱり小学生ほど機会が少ない」です。

次の記事は「ぞろぞろぞろぞろと猫がわきでる猫階段」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31