女性コミック誌Cocohana1月号がミニサイズでも同時発売、名前は「Cocohanaリトル」

| コメント(0)

【Cocohana1月号、中身そのままのサイズ縮小版も同時発売】
【Cocohana】

↑ Cocohana1月号
↑ Cocohana1月号


本家サイトの印刷証明部数関連の記事でも何度か登場している、コーラスからリニューアルを果たした女性向けコミック誌Cocohana。これの1月号がちょっと面白い試みをしているので覚え書き。

公式サイト上では「漫画界初」と記述してるけど、通常版と比べてちょうど半分のB6サイズに本誌の大きさを縮小し、さらに付録をばっさりと切った上で、本誌と同日に発売を開始したというもの。名前は「Cocohanaリトル」。価格は本誌が550円なのに対し450円とちょっとお安い。説明にいわく「持ち運びにピッタリ」「ちょっぴりお手頃価格」とのこと。

恐らくはモバイル系の電子書籍リーダーや、コンビニなどで良く見かける再編集・文庫サイズ的な漫画単行本を多分に意識した企画なんだろうえね。発想としては「あ、その考えは無かったわ」的でちょっと意表を突かれた。セールス的にどうなるかは全くの未知数だけど、もし上手くいくようなことがあれば、色々と面白い事になるかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年11月29日 06:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Facebookの「いいね!」ボタンが「おすすめ」に変わっていた」です。

次の記事は「"「大阪王将」の餃子 出前館でデリバリーサービス開始"で気づいたこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31