ツイッターのツイートは本当の「つぶやき」とは別物

| コメント(0)


ソーシャルメディアとしてはFacebook同様に世界中に認知され、近々上場も果たすツイッター。短文によるやり取りを得意とする日本人の間にも2008年~2009年あたりから浸透し始め、今では類似の閉鎖型コミュニケーションツール「LINE」と共に、多くの人に受け入れられている。

このツイッターとは簡単に説明すると、「パソコンや携帯電話から最大で140文字までの『つぶやき』と呼ばれる投稿ができる、簡易型のブログ。特定人物のアカウントをフォロー(登録)しておくことで、その人の新規投稿をすぐに受信できる」というもの。複数のアカウントを登録すれば、自分の最新情報を伝える画面(タイムライン)には、次々に新規投稿を眺め見ることができる。

ところがツイッターでの記事投稿「ツイート」を「つぶやき」と訳されてしまったことで、ツイートを本当の独り言的なつぶやきと勘違いして認識している人が後を絶たない。そして自分の「つぶやき」にツッコミが入ったり絡んでくる事例があると、「俺の独り言に文句を言うな」と逆切れする。特に言論を生業とするジャーナリスト、報道関係者や、かつてその立場にあった人のアカウントの類にその傾向が強い。

しかし彼らの主張には無理がある。本当に身内だけでのひそひそ話や、新聞を読んでいる最中の独り言、日記の中での話なら「ツッコミするな」という反論も理解はできる(というよりそのツッコミ自身が不可能)。しかしツイッター上のツイートは、「つぶやき」と呼ばれているものの、実際には公衆の面前に向けたブログの書き込み、情報公開でしかない。直上で解説したように、ツイッターは「つぶやき(ツイート)」と呼ばれるミニブログの連結スタイル、見せ方を上手く工夫したサービスなのである。公開ブログ上で書いた文言に突っ込まれたり、否定意見を受けたり、真意を問いただされるのは当たり前の話。

もし「独り言をしたかっただけ」という意図でツイッターをはじめていたのなら、情報の開示・披露や他人との交流・情報交換はまったく考えていないのなら、チラシの裏、もとい自前の日記帳やパソコンの文章ファイル上にでも書けばよい。ツイッターのシステムを気に入っているのなら、「つぶやき」にロックをかけて非公開モードにすれば良いだけの話。それをしない以上、自前の発言は誰にでも自由に閲覧され、意見を述べられ、反論を受ける可能性を認めねばならない。

この考えはFacebookをはじめとした他のソーシャルメディアでも変わらない。しかし書込みのことを「つぶやき」と和訳されたり、操作画面の見た目から、ツイッターは単なるチャットシステムで発言は記録されずに流され、不特定多数には閲覧されないと誤解されることがしばしばある。必然的に、このような「独り言的ツイート」への認識のずれが生じやすい。

中には「ツイッター上のツイートは自分の意志の発言も含め、スクラップブック代わり」と表明する人もいる。だから文句を言うなということらしい。だが自分のためのスクラップブックを第三者に公開し、その上でツッコミを入れるなというのは、かなりの無理がある。

このような誤解は当方の見た限りでは、上記にある通り、言葉を生業のツールとして用いる従来メディアの(元)関係者や、それ周辺の専門家に多い。そしてツッコミを受けると、奇妙なことに高い確率で「独り言や内輪の話なのだから突っ込みを入れるな」「文句を言うな」と逆切れをしたり、「自分は糾弾されている」と被害妄想に陥り世の中の危機を支持者に訴えてくる。彼らは生業として政治家や専門家の言動、彼らの内輪での話に対して、さらに時には的外れで攻撃的な内容のツッコミを行い、それを第三者に知らしめる。にも関わらず、自らが同じような行為を受けることには慣れておらず、往々にして過剰反応を示すようだ。剣道で攻撃主体の選手がいざ防御に回ると、概して弱いのと同じだろうか。

そのような反応を示した人たちが「今まで貴方たちがしてきたことを、貴方自身が同じように受けているだけですよ。しかもあなたたちが行ってきた、時として、そして場合によっては往々に見当違いのツッコミではなく、より専門的な、正しい知識に基づいたものも多いはずです」と諭されたら、いかなるリアクションを示すのか。大体想像はつくが、見てみたいものだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月25日 08:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「130のスマホを並べてマトリックスごっこをしよう」です。

次の記事は「世界記録も動画で観るとスゴさが増すね、ギネスブックの公式YouTubeチャネル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31