ホットドッグの具になってしまった猫

| コメント(0)


以前【食パン・メロンパン・ハンバーガーな座椅子】などで紹介したように、国内外を問わずさまざまなパンの形をした座椅子やクッションは存在し、好評を博している。形がシンプルなのと、パンのふかふかさとクッションのふわふわ感が共通しているのがウケているのだろう。

家猫の「おはぎ」も、そのふかふかなクッションが大好き。しかもホットドッグ型のクッションの具の部分に収まり、まるで自分自身が具になってしまったかのようなスタイルになって横たわるのがお気に入りらしい。あまりにもの気持ち良さに、「私を食べて」的な姿勢を見せながら寝てしまうことも。

これではまるでホットドッグならぬホットキャットだよ。

けど。猫はすき間の部分とか狭いところ、つまり自分の身を隠せるところが好きだというのを考えると、この場所を好むのも当然かもしれないね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月21日 06:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「帽子が好きでたまらないねこちゃん」です。

次の記事は「スヌーピーの家な室内ペット用住宅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31