見る角度によってはびっくりな、カブトムシみたいな椅子

| コメント(0)
↑ Beetle Chair
↑ Beetle Chair


デザイナーのMaximo Riera氏による作品「Beetle Chair」。正面から見ると普通の、ちょとした豪華な黒色の一人用ソファーなんだけど、見る方向を変えるとあらふしぎ、超大型の黒光りするカブトムシに早変わり。

まぁ、横から見れば分かるように、カブトムシの本体の部分がソファーの座る部分になっていて、頭の部分が背もたれという構造の、ちょっとイカしたデザインの一品。頭の部分が少々大きめなので、後ろ側......というかカブトムシの正面側から見ると、椅子本体の部分がほとんど隠れて、普通の(!?)巨大なカブトムシに見えてしまうという面白い作りがポイント。

元々カブトムシの体が丸っこいのを利用したとはいえ、よくできてるなあ、と思うよ、これは。他の種類のカブトムシやクワガタ版も作ってずらりと並べると、子供などが物凄く喜ぶと思う。似たような考えでベッドを作るのはどうかな、とも思ったけど、それはさすがに無理があるか(笑)。


(ソース:【Like Cool】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月17日 06:59に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「これぞまさに「Dellノート」ですな」です。

次の記事は「食欲のためなら飼い主の足も使い倒す子猫たち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31