強風で一大事が起きたガソリンスタンド

| コメント(0)


見た目はどこにでもありそうな、ごく普通の野外型ガソリンスタンド。ところがよく見ると、屋根の部分が非常に不安定でゆらゆらしている。どうやら強風によって天井があおられているようだ。

風は段々と強くなり、それに従って屋根の振動も激しさを増してくる。まるで大波にもまれた小舟のよう。明らかに屋根は傾き、周囲には危険を察して騒ぎ立てる人々の姿も見える(スタンド内にはすでに人影は無し)。

そして最後には大きく左に傾き、屋根は地面にまで倒れてしまう。天井のライトが切れ、スタンドの命運が尽きたことを再確認させられる。

デザイン上の問題か、あるいはここまでの強風を想定していなかったのか、支柱が中央部分にしかないのが、風にあおられやすい原因のようだけど......それにしても豪快な壊れ方だな。

ちなみにロシア語の原タイトルは「強風は、ガソリンスタンドを破壊」。もう少し詳しい状況を知りたかったけど、コメント部分も合わせ、詳しい情報は無し。ちょっと残念だな。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年10月10日 07:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コンプティーク2013年11月号、ファミマで確保」です。

次の記事は「オウムが笑うと皆も笑う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31