ステキでエコなビッグマックのパッケージ案

| コメント(0)

↑ エコ的なビッグマックセット


Rob Bye氏が考えたとされる、マクドナルドの基本的なセット、具体的にはハンバーガーとマックフライポテトとドリンクの組み合わせにおける、パッケージ案。ハンバーガーを入れる箱の厚みがやや増しており、その内部には下層にハンバーガー、上層にはポテトが詰まっている。さらにそのパッケージには耳がついており、その耳の穴にドリンクをホルダー形式に収めるため、従来のセットと比べると随分と包装を節約できるというもの。

食する時にはフタを180度開く。それぞれのフタの部分にはバーガーとポテトが入っている次第。また、パッケージの上層部には横から開くための切り取り線もあるため、ここを使うとポテトのみを取り出すこともできる。

発想としては非常に面白く、確かに省資源化には役に立つ。ただ、やはり少々食べづらい事、そしてなによりもこのセットを用意する際、お店側の手間が非常にかかるのが難点。ただ、基本的には耳部分+バーガーの箱+ポテトの箱の組み合わせなので、もう一ひねり工夫すれば、その辺も何とかなりそうな気がする。


(ソース:【Toxel.com】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年9月26日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ピザも食べたきゃチーズバーガーも食べたい欲張りな人向けの「チーズバーガービザクラスト」」です。

次の記事は「梱包用の発泡スチロールの山に狂喜乱舞するフェレットたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31