四つ子を一度にあやす専用テーブル

| コメント(0)


大きめのテーブルに等間隔に穴が開けられており、そのそれぞれには乳幼児が収まるバスケットがはめ込められる仕組みになっている。そしてそのそれぞれに四つ子を配すると、上手い具合に全員が中央を向く姿勢に。

そしてテーブルの中央には父親が座り、四方八方を向きながらあやしまくる次第。視界に入った親の表情が楽しいし、他の子供の笑い声に釣られて自分も笑い出すという、笑顔の連鎖状態。観ている方も楽しくなってくるね。

......父親はむっちゃ疲れるだろうけど(汗)


(ソース:【Most Wacthed Today】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年5月18日 12:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「トイザらスでキンドルが買える時代」です。

次の記事は「松屋でネギ塩チキングリル定食登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31