本当にさわやかになれる、全長6メートルのスプライト自動販売機

| コメント(0)


YouTubeの広告でちょいと気になるものがあったので、逆引きして公式動画をチェック。全長6メートルもの巨大自販機を創り、下のボタンを押すと上から高速でスプライトの缶が落ちてくる。その際に下に配してある水が思いっきりしぶきを上げ、持ちかまえていた人が被りまくるという仕組み。

海外でよく見かける、周囲を巻き込んでのイベント参加型プロモーション。ノリが何だかサクラというかやらせっぽい感もあるけど(何故か周囲に居る人達、誰もがケータイ使って撮影してないよね?)、面白いので良しとする、うん☆

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年4月12日 12:10に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「神社エール」は実在する...炭酸飲料ではないけれど」です。

次の記事は「「どんな体型にでもフィットします」をリアルに体験できる広告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31