飲酒運転防止のため、神様が登場

| コメント(0)


信心深い人が多いとされるインド。その習慣を利用した飲酒運転防止キャンペーン。ヒンドゥー教における死の神とされる「Yama」の恰好をした人を準備しておき、あるバーの前で一芝居を打つ。具体的にはバーに入る際に車庫に預けていた車を店員からバーの前に戻してもらうと、車の中には「Yama」が居るというもの。

自動車に乗り込んだお客は当然驚くけど、酔っていない店員は「何も見えないけど?」と演技。要は酔っ払っているお客=飲酒運転で死のリスクがある人にしか「Yama」が見えないという次第。

しばらく驚いてもらったあと、店員などが事情を説明。送迎サービスの連絡先を添付した「Yama」のメッセージカードを手渡し、「こちらを使ってくださいな」と勧める次第。動画にもあるように、一連のどたばたの後には、「Yama」と記念撮影をする人も。

日本で同じようなことが出来るかというと、ちょいと難しいかもしれないけど(例えば閻魔大王の恰好をさせるとか?)、面白い発想ではある。


(ソース:【Creative Criminals】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年2月19日 07:58に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「隕石が命中して亡くなる確率は7481万7414分の1...アメリカでの死亡確率一覧」です。

次の記事は「搭乗していた飛行機が墜落した時の映像」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31