ブルガリアで原発発電1/3だが再生可能発電1割強の分のコストで電気料金大幅値上げ→国内動乱→内閣総辞職

| コメント(0)

【ブルガリア 電気料金高騰で内閣総辞職へ】




再生可能エネルギーの普及に力を入れているブルガリアでは、高騰する電気料金の値下げを求めるデモが国内各地で相次いで、内閣が総辞職することになり、今後、国のエネルギー政策を最大の争点に、議会選挙が行われることになります。

ブルガリアは、エネルギーを自給しようと国内の電力の3分の1以上を原子力発電で賄う一方、風力など再生可能エネルギーによる発電を10%余りに高めて普及に力を入れています。

しかし、電気料金は、再生可能エネルギーの発電コストが上乗せされて、この1年で13%値上がりし、冬場の寒さで電気の使用量が増えて、今月に入り国内各地で値下げを求めるデモが相次いでいました。


今後のブルガリアの動向については「電気料金を抑えるために原子力発電をさらに推進するかや、再生可能エネルギーの普及をどこまで進めるかなど、国のエネルギー政策が選挙の最大の争点になりそうです」とある。エネルギーの自給を目指して原発での発電が1/3以上に達しているにも関わらず、再生可能エネルギーを1割程度導入したことで、これだけの値上げ、そして国内の混乱。諸条件が異なるのでそのまま他国にあてはめるのは困難だけど、一例として覚えておく話ではあるね。

まぁ、再生可能エネルギーの可能性と現状における限界、その一つの要点としてのコスト高ってのは、何もブルガリアに限った事では無く、他国でも軒並み実証されてるからねえ。単なる費用としてだけでなく、コストパフォーマンスという点でも。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年2月22日 09:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「孤独無業者「SNEP」という言葉」です。

次の記事は「まんが4コマぱれっと 2013年4月号読了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31