「ギリシャ 若者の失業率60%超」との報

| コメント(0)

【ギリシャ 若者の失業率60%超】

↑ 失業イメージ
↑ 失業イメージ


ユーロ圏各国などから支援を受けて財政再建に取り組んでいるギリシャで、若者の失業率が初めて60%を超えたことが分かり、厳しい緊縮策が景気や雇用情勢に打撃を与える悪循環が続いています。

ギリシャ政府が14日に発表した最新の雇用統計によりますと、去年11月の失業率は全体で27%で、前の月よりも0.2ポイント悪化して過去最悪となりました。なかでも15歳から24歳までの若者の失業率は61.7%と、初めて60%を上回り、10人に6人以上が仕事がないという深刻な事態になっています。


本家サイトではEU統計局のデータを元に加盟諸国などの失業率を検証中で、最新のは【若年層の失業率、スペイン55.6%・ギリシャ57.6%...ヨーロッパの失業率をグラフ化してみる(2012年12月分)】。これだと2012年10月時点で57.6%なので、上の報の話が2013年1月分のなら納得は行く......けど、61.7%って、3か月で4.1%ポイントってのも豪快な上がり方だな。

ギリシャの統計局ELSTATは【こちら】なんだが、当然ギリシャ語なのでワケワカメ。英語版もあるけど、......あー。あった。これだ。【LABOUR FORCE SURVEY: November 2012(PDF)】【プレスリリース一覧】から確認できる。これによると、2012年11月時点での失業率ってことだね。あれ、それじゃ一か月で4.1ポイント上昇か......。一応念のため、2012年10月分のをギリシャ統計局から探すと、【LABOUR FORCE SURVEY: October 2012(PDF)】で、こちらでは56.6%とあり、むしろEU統計局より低い(後に修正されたのか、こちらが修正後の値なのか......)。

いずれにしても、次回の「若年層の失業率~」は大変なことになりそうだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年2月15日 12:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今年だけじゃないような...「検索に見る今年のチョコレートトレンド」の話」です。

次の記事は「「ゾンビ来襲」の緊急情報がテレビで流れる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31