小型プロペラ機とカメラマンとのニアミス

| コメント(0)


4輪走行車か何かの撮影を飛行場でしていたところ、小型のプロペラ機が接近、カメラマンのわずか2フィート(60センチ)脇を時速320キロですり抜けていったという映像。詳しい状況の説明がないのでこれが事故なのか、あるいは意図的なものなのかは分からないけど、一歩間違えれば大参事になっていただけに、見ている方もぞくっとしてくるよねぇ。

......フェイクってことは......ないよね?

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年1月25日 09:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「しるくまカフェ、すでにリニューアル&発売終了とな」です。

次の記事は「卓上小型ミサイルランチャー、飛行距離は5000ミリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31