特定世代に「懐かしさ」を思い起こさせる、インターネットエクスプローラーのCM

| コメント(0)


Generation Y(Y世代)とは【モバイルでの米地域情報活用傾向】でも解説しているけど、1975~1989年生まれの若年層を意味する。対の言葉としてはX世代なんてのがある。Wikipediaの解説では「第二次世界大戦の終結後に生まれたベビーブーマーの子供世代であり、「親が2人とも第二次大戦後生まれ」の子供たち」とあり、「10歳~20歳になる時期にインターネットの爆発的普及を経験した。この為、インターネットを駆使して活躍する者が多い」との表現も見受けられる。

その世代層に向けてインターネットエクスプローラー(Internet Explorer )がアピールしたコマーシャル。特定の世代の歩みを追いかけ、懐かしさを覚えさせ、共通認識を覚えさせるってのは、面白い切り口だと思う。IEに限れば「昔のIE絶対シェア的な時代を思い起こしてもらい、再び使ってもらう」という思惑も多分にあるのだろうけどね。


(ソース:【Creative Criminals】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2013年1月26日 19:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「九官鳥に日本語を教えよう......けどその前に」です。

次の記事は「キャンディをラムネで包んだ「ソーダッシュダブル」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31