ヒーローの登場が常に間に合うとは......

| コメント(0)


中層住宅の屋根を伝い、ターザンのごとくロープを操り、絞首刑場に参上。多数の警備兵をちぎっては投げ状態で打ち倒し、刑に処せられる女性を救出......

......しようとしたものの。一人残った警備兵と時計を照らし合わせたところ、どうも「ヒーロー」の時計が遅れていたもよう。バツが悪くなった彼は、何事もなかったかのように白馬に跨ろうとしたが、その白馬も反対側を駆け抜けてしまい、仕方なく歩いて帰ることに。どうやら彼は元々オッチョコチョイっぽいところがあったようだ。

いつも絶妙なタイミングで登場する姿が描かれるヒーローものだけど、現実はそうとは限らないよね、というお話。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年7月23日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「経験と推測と世の常と」です。

次の記事は「あそんでほしいにゃ......」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31