焼味 ねぎ塩豚丼(吉野家) 試食

| コメント(0)


↑ 焼味 ねぎ塩豚丼(吉野家)
↑ 焼味 ねぎ塩豚丼(吉野家)


先日【吉野家、初の塩味メニュー「焼味 ねぎ塩豚丼」発売】で紹介した、吉野家の新メニュー「焼味 ねぎ塩豚丼」。吉野家のメニューとしては初めての「塩味」ということで、早速トライ。

松屋などで何度かメニュー化されている「松屋 塩豚カルビ」などと比べて、ほんのわずか肉が柔らかいかな、というぐらいで、味わいはほとんど同じ。玉ねぎや葱の風味、食感が良いアクセントになっているし、タレも合格点。逆にいえば「吉野家らしくない」という感じはするけど、美味しければそれはそれでよし、と。

注文した際に「これから焼きますのでしばらくお待ちください」と言われ、実際に厨房で調理をしているようで(焼いている音がした)、5分くらいの時間はかかったけど、「やればできるじゃん」というのが率直な感想。うん、いいよこれ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年7月10日 12:11に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「詰まってます」です。

次の記事は「あの「ラーメンが伸び縮みする、じわじわくる広告塔」を自作した人がいた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31