迷惑なDMなどの郵便物を「受取拒絶」にする方法

| コメント(0)

【迷惑な郵便物等(DM、架空請求、いたずら等)を届けてほしくないのですが、どうすればよいでしょうか?(日本郵便)】



迷惑な郵便物等が届けられた場合、受け取りを拒絶することができます。

郵便物等に下記事項を記載したメモ、付せんを貼り付け、配達担当者にお渡しいただくか、郵便窓口にお持ちいただくか、郵便ポストに投函していただければ差出人へ返還します。

・「受取拒絶」の文字
・受け取りを拒絶した方の印を押印または署名を記載

郵便物等の開封後は、受け取りを拒絶することはできませんので、ご注意ください。

当社が配達した郵便物等でないものは、上記の方法により受け取りを拒絶していただくことはできません。当社が配達した郵便物等でないものの主な例は、その表面に「これは郵便物ではありません」、「○○メール便」といった表示がされているものです。

これらの配送物については、その配送物の運送サービスを行った事業者様にご連絡ください(配送物の表面に連絡先が記載されているものもあります。)。


先日の【ツイート】で知った話。日本郵便のリリースには記述はないけれど、「発送元に返送代が請求される」ってのも十分に考えられる。

でも最近、「これは郵便物ではありません」「○○メール便」の類が増えてきたのも事実なのよね......。例えばクロネコヤマトのメール便の場合、【直接出した本人に問い合わせれ】とか無茶なこと言ってるしなぁ......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年6月12日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「misdoスコーン(チョコ、ストロベリー、ホワイト、キャラメル)」「マッシュドポテトミートパイ」 試食」です。

次の記事は「昔のゲーム回りのテレビCMたち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31