【更新】「再生エネを運ぶには無茶苦茶コストかかるよ」研究会試算

| コメント(0)

[再生エネ連系に膨大なコスト 北海道電・東北電が試算]
【地域間連系線等の強化に関するマスタープラン研究会】

↑ 国内連系線と運用容量(2006年度における2015年度需要時ピーク時)(2007年2月 電力系統利用協議会「連系線整備(建設・増強」に関する勉強会とりまとめ報告書より作成)
↑ 国内連系線と運用容量(2006年度における2015年度需要時ピーク時)(2007年2月 電力系統利用協議会「連系線整備(建設・増強」に関する勉強会とりまとめ報告書より作成) ※クリックで拡大表示


北海道電力と東北電力は2011年度に両社エリアで系統連系の応募があった約500万キロワットの風力発電と約90万キロワットのメガソーラー (大規模太陽光発電所) をすべて導入する場合、1兆1700億円程度の系統増強対策費用が必要という試算をまとめた。 地域内の送電線増強に2700億円程度、地域間連系線増強に9千億円程度かかるとしている。

風力発電の適地は北海道や東北など一部に集中している。 発電した電気を日本全体で使うには系統増強が必要だが、至近で要請があった連系量に応じるだけでも、膨大なコストがかかることが分かった。


現時点で3月26日分は配布資料のみ公開。議事録・議事要旨は今後アップ予定。一番今件元記事に近い話の資料は「北海道・東北地域における平成23年度風力受付応募量全量を導入する場合の系統対策について」かな。

要は「自然エネルギーの常として生成電力が不安定である以上、それに対応したインフラをつくらなあかんのだけど、それにはむっちゃ金も時間も維持労苦もかかるよ」ということ。

一部「発送電分離」云々という話はあるけど、「現状より送電時に金がかかる発電を創生する後押し」をするために分離したのでは、「送電」ばかりにコストが上乗せされてしまうという、理不尽なことが起きる。元々「送電」は割が合いにくい話ではあるんだけど、今件のように「(分離で創生したい分野のエネルギーで)送電コストが余分にかかる」ということであれば、「大義名分をなんやかんや言ってるけど、要は美味しいところどりしたいだけでは」と突っ込まれても文句はいえないわな。

これで「発送電分離すれば電気代が下がる」云々って主張は正しいといえるのかしらね(そもそも、発送電分離と自然エネルギーの導入をごっちゃにしている時点で間違ってる気もするのだけど)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年3月27日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「幻想的な世界は洋服ダンスのむこうに」です。

次の記事は「猫の手トング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31