Vジャンプ印刷実績のレンジ変動

| コメント(0)
↑ Vジャンプ印刷実績(部)
↑ Vジャンプ印刷実績(部)


先ほど本家サイトであげた【ゲーム・エンタメ系雑誌の部数変化をグラフ化してみる(2011年10月~12月データ)】の中で触れているVジャンプの動向。具体的には、

同誌は印刷部数も大きい(今回期は29.7万部)が、同時に特集・付録内容とそれらに対する需要を考慮し、数万部単位での調整を行っているので、「誤差の範囲」との解釈もできる。しかし2010年第4四半期(10~12月)以降、増減の上下幅を5万~10万部単位で下方修正した気配も感じられる。今期では直近期と比較してわずかながら値を上げているか、ボックス圏そのものの回復とは程遠い。この推論はほぼ決定的なものと見てよいはず。


の部分。これの補足説明ってことでグラフを作成。元々は青色のボックス圏での動向だったのが、黄色圏に移行したような動きを見せている。まだ不安定なところがあるので、今後さらなる変動もありうるかもしれないけどね。

どうもこれとほぼ同じ時期に、複数誌が似たような動きを示しているんだよな。エンタメ系雑誌での見極めというか、変移が2010年末くらいにあったのかもしれない。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年2月12日 17:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「アメリカの14年に渡る天気を30分強で」です。

次の記事は「「情報をもてあそぶな。人をむやみに脅す武器に使うな。無垢の人を不安がらせ、自分の信仰にひれ伏させる道具にするな」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30