犬にはチョコ厳禁

| コメント(0)

【~もうすぐバレンタイン、愛犬にはチョコレートをあげないで~犬のチョコレート中毒は2月が最多!誤飲に注意】



2月にチョコレート中毒が急増!

月別にチョコレート中毒での保険請求件数を集計したところ、2月が最も高く、合計215件中44件でした。バレンタインシーズンの2月は、特に注意が必要です。

契約者向けに行ったアンケートでは、91.0%の飼い主が、チョコレートを摂取すると、犬が中毒を起こすことを知っていました。誤飲で通院した飼い主から獣医師がよく聴くことばでも、「ちょっと目を離したすきに」が92.5%、「『あっ』と思った時には、もう遅くて」が91.3%と多く、わずかな不注意が事故に繋がっていることがわかります。

また、172人の獣医師のうち141人がチョコレート中毒を診療した経験があり、うち9件は死亡に至ったと回答していることからも、チョコレート中毒が身近に起きる危険な事故であることがわかります。

1年間で最もチョコレートの消費が多い2月は、愛犬の身近にもチョコレートが多くなります。愛犬の届かない場所にチョコレートを置くことを心がけ、事故を予防するとともに、万が一事故が起きた場合には、すぐに通院できるよう動物病院を探し、備えることが愛犬へのバレンタインのプレゼントと言えるのかもしれません。


今リリースに気がついたのが昨日で、掲載が今日。バンアレン帯だかバレンタイン戦車だか知らないけど(待て)、そして一連のイベントが終わったあとに掲載ってのも少々間が抜けているけど、覚え書きということで。

最初に動画を探したんだけど、なんと愛犬にチョコを上げているものばかりが見つかって少々唖然。コメントでツッコミが入って「気をつけます」って動画投稿者が返事をしていたのは幸いだけど......犬を飼っている人すべてが、チョコ厳禁ってことを知ってるわけじゃないんだねえ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年2月15日 07:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ローソン「夢を応援基金」奨学生の声、掲載開始」です。

次の記事は「【更新】「い・ろ・は・す」のミニサイズペットボトル登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31