米粉和風プリン、使った銘柄「ひとめぼれ」でバレンタイン限定販売

| コメント(0)

↑ ひとめぼれ米粉のプリン
↑ ひとめぼれ米粉のプリン


株式会社ローソンは、2012年2月7日(火)より2週間限定で、オリジナルデザートブランド"Uchi Cafe' SWEETS"のバレンタイン限定商品として、「ひとめぼれ米粉のプリン」(195円:税込)を全国のローソン店舗(9,156店:2011年12月末、「ローソンストア100」除く)で発売いたします。"UchiCafe' SWEETS"ブランドで米粉を使用したプリンを発売するのは初めてです。

今回発売する「ひとめぼれ米粉のプリン」は、岩手県産の"ひとめぼれ"の米粉を使用した、もちもちとした食感のプリンです。プリン表面のナパージュという透明なソースには、日本酒で香り付けをし、カラメルには醤油を使った、"和風"のプリンです。栃木県産の"赤い恋人"というトマトを使ったソースでハート型を描き、見た目も可愛く仕上げました。

「ひとめぼれ米粉のプリン」には、4つのメッセージが込められています。
・岩手県産"ひとめぼれ"の米粉を使用 ⇒ "あなたにひとめぼれ"
・プリンのもちもち食感 ⇒ "あなたにヤキモチ"
・ナパージュに日本酒を使用 ⇒ "あなたを酔わすわ"
・トマトを使ったソース ⇒ "あなたと赤い恋人になりたい"

近年のバレンタインは、友達同士でチョコを交換したり、自分で食べておいしいと思うスイーツを相手にプレゼントし、"共に楽しむ"="共チョコ"傾向にあります。「ひとめぼれ米粉のプリン」は本命にはもちろん友達同士でも楽しく食べていただけるスイーツです。また3月のホワイトデーには、「ひとめぼれ米粉のプリン」のアンサースイーツとして 北海道産のかぼちゃ"りょうおもい"(=両想い)を使った"りょうおもいプリン"を発売予定です。


米粉を使った和風のデザートをコンビニで展開ってのはぼちぼちと見受けられるようになったけど、銘柄の名前を上手く活用してシーズン商品として提案するってのは、案外面白い切り口。トマトを使ったソースによるハートのデザインも素敵。

ホワイトデーには、かぼちゃの「りょうおもい」という銘柄を使ったパンプキンプリンを発売するとの事。今件もあわせ、企画云々以前に美味しそうな感じ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年1月24日 07:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「東証株式の100株・1000株への集約、2014年4月1日までに変更」です。

次の記事は「ローソンのパスタブランド「パスタ屋」からポテトグラタン登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28