江戸時代の平均寿命とエネルギー消費量

| コメント(0)

【第3章-4 現代人のエネルギー消費量と寿命 Study(科学技術振興機構)】

↑ 一人当たりのエネルギー使用量と寿命の関係
↑ 一人当たりのエネルギー使用量と寿命の関係


これは各時代ごとの日本人の一人あたりのエネルギー使用量と平均寿命を比較したものである。江戸時代中期(1700年代)、昭和10年(1935年)、現代(2007年)で比較してみると年々寿命が延びてきていることがわかる。寿命が延びたのは社会が安定して食糧に困らなくなったこと、科学の進歩により医療技術が発達したことなどが挙げられる。技術の進歩には、多大なエネルギーを必要としてきた。一人あたりのエネルギー使用量を比較してみると、その使用量の増加と平均寿命の伸びがリンクしてきていることがわかる。つまり、私たちが昔と比べて長寿を全うできるこの現代社会は膨大なエネルギーを使用することで成り立っており、私たちはエネルギーと引き換えに時間を買っているとも言えるのではないだろうか?


......ということで直前の【50年前、平均寿命は女性70歳・男性65歳】関連の話をしていたところ、【教えてもらった場所】の話。このデータだけで因果関係までは説明できないけど、少なくとも語っている相関関係はあるし、因果関係も容易に想像できそう。

江戸時代と現代を比較すると、概算で江戸時代のエネルギー消費量は現代の40分の1。江戸時代がどのような状況なのか、有る程度理解できるね。

エネルギーの無駄遣いは当然しちゃいけないけど、人はエネルギーを使いこなすことで命を延ばしてきたんだね。そのエネルギーをむやみやたらに、強制的に減らして、ましてや「江戸時代のレベルに」などという話が何を意味するか。少しは分かるかな。

......「銀魂」とか「シュタゲ」のディストピアとか、その辺の想像してるのかしらね??>>語ってる人たち

※グラフでは大正10年とありますが昭和10年の誤りです>>1935年

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2012年1月 9日 13:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「50年前、平均寿命は女性70歳・男性65歳」です。

次の記事は「復興祈願の菓子セット「みちのく州」、11日から発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31