タブレットマシンの特性と選択肢

| コメント(0)
↑ Kindle Fire
↑ Kindle Fire


●もっとも安いのは
 Kindle Fire......15%

●もっともコストパフォーマンスが良いのは
 Kindle Fire......12%

●もっとも欲しいのは
 iPad(2)......20%

●もっとも多機能なのは
 iPad(2)......22%

●もっとも良いアプリを有しているのは
 iPad(2)......23%


来週以降ちまちまと記事をひねりだしていく予定の、米調査機関comScoreが先日提示した【The Rise of Digital Omnivores】。直訳すると「デジタル雑食動物の台頭」。要は色々なことが出来るスマートフォンやタブレット機が今後ボンガボンガと注目を集めるだろうねという感じの結果が出ているデータ。

その中の一つとして、いくつか代表的なタブレット機を挙げて、「この視点からならどれがいいかな」と選んでもらった結果が上の一覧。調査母体全体を対象としているせいか、どの項目も「どれでもない」ってのが過半数だったこともあり、ちょっと色々難しいかなということで、こちらで掲載。

まぁカラーで色々できる廉価版的なタブレット機って感じのKindle Fireが出ちゃったんで、今後はこの2つの選択肢がタブレット機のメインってことになるんだろうなあ......といのがよくわかる結果だったりする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年11月25日 17:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「バンホーテン ふんわりロールケーキ(ファミリーマート) 試食」です。

次の記事は「朝と夜中はモバイル端末の出番...Financial Timesのアクセス動向」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31