ARを使って素敵なクリスマスを

| コメント(0)


今から100年以上前に、「友達がサンタはいないっていうけど、いるんですよね」と新聞社(New York Sun)に手紙を出したVirginiaという女の子と、それに応えて新聞紙上で素晴らしい返答をした論説員のエピソード(【100年前のニューヨークで生まれた心温まるクリスマス・ストーリー】)を元にした、ARを使ったクリスマスギフト用のプロモーション。

スマートフォンやタブレット機にあらかじめ用意されたアプリを落としておき、そのアプリを稼働させた上でギフト会場に用意してあるAR用のマークにかざす。すると、【公式サイト】に登場するVirginiaや、そのタッチで色々とモンタージュ作成できるキャラクタ(自分自身そっくり)らと記念撮影ができるというもの。アニメの世界に自分達が入り込めるという話だけあって、子供達は大喜びという次第。さらに撮影した写真を各ソーシャルメディアに投稿できる。ARを使った素敵な仕掛けだね。

今件を伝えた報道番組もあるので、合わせて紹介しておこう。実際の利用の仕方が良く分かる。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年11月17日 07:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「クリスマスを待つ子供」です。

次の記事は「iPhoneにトラウマを持つ犬」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30