自販機の明かりと冷却が戻ってくる

| コメント(0)

【自販機の夜間点灯、10日から順次再開 東電・東北電管内の113万台】


清涼飲料の業界団体である全国清涼飲料工業会(東京都中央区)は5日、東京電力および東北電力管内の自動販売機、計113万台について、東日本大震災後に自粛していた「夜間点灯」を順次、再開する方針を明らかにした。

自販機の夜間点灯は、東北電力管内の26万台を対象に10日から、東京電力管内の87万台を対象に23日から、それぞれキリンビバレッジなど同工業会の加盟各社が順次、再開する。自販機の冷却機能を交代で停止する「輪番停電」も、同時期に順次終了する。


【全国清涼飲料工業会】の公式サイトでは今のところ公知は無し。【東北・東京電力管轄の電力使用制限令、前倒しで終了】にもあるように今夏の電力使用制限令が終了するのにあわせ、ややそれより後になる形だけど、自販機の夜間点灯なり冷却機能の再開が始まるとのこと。また、【ペットボトルの清涼飲料水、しばらくは白無地キャップに統一...供給優先のため】で触れた「白キャップ」も、在庫が切れ次第、各メーカー毎の個別種類に戻すという。

冬場はどうなるのか今から心配になるけど、とりあえずは夏期の制限は終了。どれだけ売上が減退したかは、年ベースでないと分からないのが少々残念なところだな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年9月 6日 12:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「しまわれたねこ」です。

次の記事は「【更新】各私鉄線も通常ダイヤへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31