20年前のテレビゲーム展覧会

| コメント(0)


......とタイトルに書くと禍々しく思えてくるけど、要は(任天堂を主軸とする流通親睦団体)初心会における新作などのゲーム展示会。今や一大名作シリーズとなったタイトルやら、有力ゲームメーカーとして君臨している企業の昔の作品とか、非常に珍しい、資料的価値の高い映像となっている。

まぁこれが「ファミコンスペースワールド」になって、それがさらに任天堂スペースワールド、さらには各種任天堂の体験会のイベント系(任天堂カンファレンスとか)につながっていくわけだ。いわゆる「東京ゲームショウ」で任天堂周りがナニなのも、元々のルーツが異なるってのも一因としてあるんだな(東京ゲームショウは東京おもちゃショーと兄弟分みたいなもの)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年9月30日 07:26に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「どんな状況でも時間通りにお届けしますヨ」」です。

次の記事は「NTTドコモ基地局のエコ発電関連の情報」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30