「どうしよう」「俺がひっぱるからお前、拾うにゃ」

| コメント(0)


転がったおもちゃが椅子と壁のすき間にはさまってしまい、取るに取れない二匹の猫。仕方が無いので大きいほうの猫(Patrick)がよっこらせっとばかりに椅子を引っ張りすき間を広げ、小さいほうの猫(Shanti)が無事に取り出す......という流れ。猫がまるで人間のように椅子を引っ張るあたり、マジかよ、とびっくりさせられる。

ただ、動画開始直後に転がっていくおもちゃの形跡を良く見ると、椅子と壁の間に挟まっているようではないんだよね。手前にある感じ(その後、どちらかの猫が奥に押し込んだっぽい)。だから椅子を引っ張ったのも、おもちゃを取るのとは別の意味を持つ行動なのかもしれない。

いずれにしても、よくぞあんなアクションを覚えたものだよなぁ......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年8月23日 08:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「一般女性陣が思う「スマートフォン」の使い心地」です。

次の記事は「知育菓子が世界から注目を集める」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28