自称「世界で一番速いラジコン」

| コメント(0)


元記事の説明によるとオランダ製のラジコンで、エンジンはドイツ製の【Jetcat P160 SE】。時速は586キロ/時にまで達するそうな。いやぁ、もうこの速度になると、個人向けの玩具云々の域を超えてるでしょ。

元々このJetcat P160 SEってエンジン、ラジコン用のものとしては結構メジャーなようで、この名前で検索すると色々なラジコン飛行機に搭載されているのが分かる。


それにしても。操縦している側も並のスキルじゃないよなぁ。下手すりゃ機体そのものが行方不明になりかねないものねえ。


(ソース:【The Presurfer】)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年8月22日 08:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「パスタ専用のぐるぐるフォーク」です。

次の記事は「食欲と睡魔の激しい戦い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31