【更新】東電、7000kWクラスの太陽光発電所「浮島太陽光発電所」を起動

| コメント(0)

【「浮島太陽光発電所」の運転開始について~川崎市臨海部における国内最大級のメガソーラー計画の推進~】
[メガソーラー発電所(リアルタイムデータ開示ページ)]


川崎市(川崎市長:阿部 孝夫[あべ たかお])と東京電力株式会社(取締役社長:西澤 俊夫[にしざわ としお])は、平成20月10月に神奈川県川崎市浮島、および扇島の2地点において、合計出力2万kWの太陽光発電所を建設するメガソーラー計画を共同で進めることについて合意し、これまで建設をすすめてまいりましたが、本日、「浮島太陽光発電所」の運転を開始いたしましたので、お知らせいたします。なお、「扇島太陽光発電所」についても、当初計画通り平成23年12月に運転を開始する予定です。

浮島太陽光発電所は、川崎市が保有する土地に東京電力が建設・運転する最大出力7,000kWのメガソーラーで、年間発電電力量は一般家庭約2,100軒分の年間使用電力量に相当する約740万kWhを見込んでおり、本日より18年間東京電力が運営いたします。また、当発電所によるCO2排出量削減効果は、年間約3,100tを見込んでおります。

なお、8月6日にオープンしたPR施設「かわさきエコ暮らし未来館(川崎市運営)」では、太陽光発電等の普及啓発活動の推進に加え、川崎市の環境への取り組みを国内外に発信してまいります。

川崎市は、現在、「カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略」として地球温暖化対策を進めており、公共施設への太陽光発電設備の設置や住宅用太陽光発電設備の設置補助など、低炭素社会の実現に向け、先導的な役割を担うべく取り組んでおります。


先日スタートした、最大出力0.7万kWの太陽光発電所。敷地面積は11ヘクタール(11万平方メートル)・太陽光パネルは3.8万枚。太陽光が強く・長く当たっている方が高い発電力が見込めるけど、その分メンテナンスも大変だろうなってことを考えると、やはり自然エネルギー周りは効率性技術の爆裂的な促進と蓄電能力の向上が大切だな、と思ってしまう。

下のGoogleMapは、「おそらくここだろうな」ってところの空き地。面積的にもほぼ計算があう。


大きな地図で見る


今は真夏のカンカン照りなので、結構高い値が出ている。今後どのような動きを見せるのか、ちょっとチェックを入れて行きたいネ。


参考:【メガソーラーのできるまで ~浮島・扇島太陽光発電所(電気新聞)】

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2011年8月11日 08:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【更新】隠れたところに素敵なヒミツ・ヤマハの公式サイト」です。

次の記事は「黒糖サーターアンダギー(沖縄黒糖使用)(ファミリーマート)試食」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30